コンプレッサー買取依頼時のポイント

コンプレッサーを買取依頼する際、事前に調べておくべきポイントがあります。まず、メーカー名、型番、製造年、使用の頻度、傷や汚れの状態です。

オフィス家具の買取に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

コンプレッサーを査定する側としては、上記の情報が分からないと査定のしようがないため必ず必要です。

物を直接持ち込む場合はともかく、基本的には買取依頼はまず電話で行いますので事前に調べておく必要があります。

尚、大抵のコンプレッサーにはスペックが記載されたシールが貼ってありますのでそちらで確認することが可能です。
続いて、付属品についてです。

購入すると保証書であったり、取扱説明書が付属されているはずです。


また、大型のコンプレッサーの場合は付属のコードやその他必要な計器も付属されていることがあるので注意が必要です。


続いて自身でできる外観の傷や汚れ、内部の確認についてです。

買取依頼する場合は基本的に中古品ですので、状態が重要になってきます。
まず、カバー内部のコードや機器類の損傷をチェックし、エアーの漏れがないかやオイルの漏れの確認です。
続いて、計器やエアーの取り出し口の損傷の確認です。



特に計器については壊れていると正確なエアー量が確認できないため注意が必要です。


続いてタンクの損傷です。



長年放置していますと腐敗が進むので穴が開いていることもあります。オイル漏れ等の危険があるのでチェックしましょう。

最後に、上記の事前準備及び事前チェックを行うことでしっかりと準備した上で買取依頼をすることで自身が納得のいく取引を行うようにしましょう。

top